墓石の種類

お墓には大きく分けて和型墓石(たて長の伝統的な形)のものと

洋型墓石と呼ばれる竿石(墓石)が横幅が広いモダンなものがあります。

和型墓石

 ◇伝統的で最も標準的な墓石です。

  芝台に下台、上台と重ねその上に墓石(竿石)が載ります。   

  また和型の墓石を美しく豪華にする【蓮華】や【スリン】を

  竿石と上台の間に置く形もあります。

 ◇竿石には一般的に次の様に彫り込みます。

  ・各ご宗派共通  【○○家之墓】   

  ・真言宗     【ア ○○家之墓】※梵字ア   

  ・日蓮宗     【妙法 ○○家之墓】   

  ・日蓮宗     【南無妙法蓮華経】

洋型墓石

 ◇墓石(竿石)の横幅が広く、洋風の優しいモダンなイメージ。

  最近人気が高く、形状も様々なデザインの墓石があります。

 ◇墓石に刻む文字の自由度が高く、個人やご家族の好きな言葉や

  お花、故人が好きだったものなどを刻むことができ大変喜ばれています。

 ◇墓石に刻む文字やお花    

 ・【○○家之墓】 ・【○○家】 ・【絆】 ・【一期一会】  ・【感謝】  

 ・【ありがとう】 ・【桜】 ・【百合】 ・【梅】などのお花

 ※特殊な文字やイラスト等も、最新の技術で刻みまので

  お気軽にご相談下さい。

御神徒墓 神道専用型

 ◇神道専用の和型神徒墓です。

   基本的な形は和型墓石ですが、墓石(竿石)の最上部を

   角錐状・寄せ頭にします「トキン加工」

 ◇水鉢【お花ではなく、榊(サカキ)を使用するのが一般的です】を

   左右に一対、八足台を墓石の前に置きます。

  また本体の正面には仏教とは違い、「○○家奥津城」、「○○家奥都城」と

  入れます。

  詳しくは下記をご参考下さい