仏さまに手を合わせるとき、お参りは何と唱えたらいいのですか?

仏さまに手を合わせるとき、お参りは何と唱えたらいいのですか?

2011.02.12
2489 Views

仏さまにむかって手をあわせるとき、何をお唱えすればいいのか迷うこともあるかと思います。一般的に、よくお唱えされるのは「南無阿弥陀仏・なむあみだぶつ」(お念仏)、「南無妙法蓮華経・なむみょうほうれんげきょう」(お題目)でしょうか。共通する「南無・なむ」とは、梵語のnamas・ナマスを音写した言葉で、帰命する、帰依するという意味です。「南無◇◇◇◇◇」は、◇◇◇◇◇を心から信じて誓いを立てるという言葉です。ご宗派によって唱える言葉が違います。ご宗派により次のようにお唱えします。



各宗派のお経

  • 浄土宗 「南無阿弥陀仏・なむあみだぶつ」
  • 浄土真宗  「南無阿弥陀仏・なむあみだぶつ」
  • 真言宗 「南無大師遍照金剛・なむたいしへんじょうこんごう」
  • 曹洞宗 「南無釈迦尼仏・なむしゃかにぶつ」
  • 臨済宗 「南無釈迦尼仏・なむしゃかにぶつ」
  • 天台宗 「南無阿弥陀仏・なむあみだぶつ」
  • 日蓮宗 「南無妙法蓮華経・なむみょうほうれんげきょう」
  • 時宗  「南無阿弥陀仏・なむあみだぶつ」


その他のお経

  • 観音様をお参りするするときは、「南無観世音菩薩・なむかんぜおんぼさつ」
  • お地蔵様をお参りするときは、「南無地蔵菩薩・なむじぞうぼさつ」



便利アイテムのご紹介

こちらの動画でご紹介しているのは、【経文香】というお線香になります。普通のお線香と同じように火を付けると、燃え始めお線香の清らかな良い香りが広がります。約35分間で燃え尽き残った灰がお線香の形そのままに残ります。その灰の部分に浮き上がるように各宗派のお経がでてくるのです。お経を唱えなくてもこの経文香に火をつければ、唱えた事と同じ事になるのは本当に便利です。



経文香のお求めはこちら

当店ではネット通販・実店舗ともに、こちらの【経文香】は多くの皆様にご購入頂いております。在庫も豊富にございますのでオンラインショップでのまとめ買いも可能です。



まとめ

※参照【「やさしくわかる仏教」 佐々木宏幹監修 ナツメ社刊】わかりやすく仏教について教えてくれます。是非ご覧ください。

令和元年10月30日 (再更新)    投稿者:二木昌之




●お仏壇のふたきやオンラインショップ●