おリンの材質

おリンの材質

2014.10.10
1044 Views

いつもふたきやブログをご覧いただき、ありがとうございます。今回は、おリンの材質についてお話させていただきたいと思います。



❶おリンには大きく分けて2つの地金が使われているそうです。


一つは「シルジン青銅」、もう一つは「砂張」です。どちらも硬い金属です。「シルジン青銅」は銅と亜鉛とケイ素の合金で、昭和の初めに日本人によって発明された金属だそうです。真鍮よりも、硬く、弾力があり、船のスクリューにも使われています。高価な砂張の代用品として使われるようになった金属です。

「砂張」は銅と錫の合金で、銅器が中国から伝えられた時代から使われている金属です。とても硬く、弾力も充分もありますが、落とすと割れてしまうほど繊細なのだそうです。おリンのような“鳴り物”には最適な金属ですが、鋳造が難しく、材料の錫が高価なため、砂張のおリンは、高級品といわれております。高価ですが、音がよく、歴史も深いおリンです。また使い続けるほどに音がよくなるといわれています。



❷当店で販売しているおリンの材質と種類!

「シルジン青銅」製のおリン

すみれリン りんセット 25 直径:約7.5cm 高さ:約4cm
白梅リン りんセット 25 直径:約7.7cm 高さ:約4.5cm



「砂張」製のおリン

紅梅リン りんセット 25 直径:約7.5cm 高さ:約4.3cm

お選びの際は、ご参考いただければと思います。次回は、リン布団とリン棒について調べてみたいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

仏壇のふたきや(2019年11月1日)再更新  担当:新井





●お仏壇のふたきやオンラインショップはこちらから●