1.17

1.17

2012.01.17
580 Views

阪神淡路大震災から17年

 

神戸から電車で30分の地に住んでいた私は

 

テレビに映る燃え広がる炎が神戸だとは夢にも思いませんでした

 

連絡の取れない親戚を探しに 夜中に自転車で神戸に向かった父

 

車など通れない瓦礫の山を自転車を担ぎ

 

一晩かけて辿り着いたのは変わり果てた神戸でした

 

やっとの思いで見つけた避難所にいた親戚は 父の顔を見て言ったそうです

 

生きているのは奇跡

 

 

被災された方、その家族、友人、テレビをみている全ての人が

 

もう二度とこんな事が起こらないようにと

 

そう願っていたはずなのに

 

東日本大震災でまた大きな大きな悲しみがうまれました

 

どうか、どうかこれ以上悲しい事が起こりませんように

 

 

ご遺族の方々の健康と 一日も早い復興を 心より願っております

                                                                            二木 幸子