「除夜の鐘」はなぜ百八撞くのですか!

「除夜の鐘」はなぜ百八撞くのですか!

2010.12.30
577 Views

 

「除夜」は、「除日の夜」のことで、「旧年を除く日」、「大晦日の夜」ということです。

「除く」というのは旧暦で、すす払い・掃除・精進・沐浴など身をきよめるのに適した日と

されています。

私たち人間には、百八の煩悩があるとされています。

私たちの身や心を悩ます「煩悩」は、「無明」という「貪る(とん)・むさぼる」・「瞋(しん)・いかる」・

「痴(ち)・おろか」 と「悪見(おけん)という、「慢(まん)・あなどる」・疑(ぎ)・うたがう」・「見(けん)・

悪い考えを持つ」の六つが根本的なものとされ、私たちの限りない迷いを表す百八の煩悩があると

されています。お数珠の玉も、除夜の鐘の数も百八として、私たちの煩悩を洗うものとしています。

しんしんとした真冬の寒さのなかに、静かに響いてくる鐘の音を聞いていると、身も心も本当に

澄んでいく気持ちがします。

私たちは、日々仕事や生活におわれ、自分の姿を顧り見ることができません。大晦日の夜、

お仏壇に手をあわせてみませんか。

静かに味わう除夜の鐘に、行く年の煩悩を洗い、来る年の光明を願おうではありませんか。

平成22年12月31日

 

      《仏壇・位牌・仏具のネット通販 ふたきや》 店長  二木昌之

      東松山店.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

        秩父店 :埼玉県秩父市中宮地町25‐22

TEL 0494-24-4169

東松山店:埼玉県東松山市松本町2‐1‐46

TEL 0493-23-4431

※参照 「仏教の生活質問帳」 若林隆光著 中山書房仏書林刊

私たちの日常生活のなかの仏教について、やさしく教えてくれます。

是非ご覧ください。