仏様にお参りするときになぜ手を合わせるの?

仏様にお参りするときになぜ手を合わせるの?

2010.10.22
1835 Views

 

    合掌は神聖な手と不浄な手を合わせ、いつわりのない心をあらわします。

 

お寺さんにお参りしたり、お墓参りをしたりするとき、仏様やご先祖様を前に私たちは自然と

手をあわせます。これを合掌といいます。

合掌はインドから仏教とともに中国、朝鮮を経由して日本に伝わってきましたが、インド人は、

右手を神聖な手、左手を不浄な手と考えます。人間には神聖な面と不浄な面があり、神聖な

右手と不浄な左手を合わせることは、人間の真実の姿の象徴として考えられてきました。

合掌は、自分をさらけだして、心から相手に接する気持ちのあらわれとされ、アジアの

首脳会議などのニュースで、合掌してあいさつする姿がよく見られます。今でもインドをはじめと

する南アジアの人たちでは、合掌が日常の挨拶につかわれています。

もともとあいさつに使われていた合掌ですが、日本伝来時に現在のように、仏事に関する

作法として定着しました。

仏様やご先祖様にむかったとき、私たちは素直な気持ちになります。右と左の手を

合わせることで、あらためて真実の自分とむきあう。これからは、その意味をかみしめて、

合掌してみてはいかがでしょうか。

 

正しい合掌でお参りしましょう

【堅実心合掌】

一般的な合掌です。胸の前で両手の指、手のひらを隙間なくつけます。

左右の手をぴったりとあわせることで、仏と一体になる意味を持ちます。

 

【金剛合掌】

天台宗や真言宗でおこなわれる合掌の仕方です。両手の指を互い違い

  に組み合わせます。

 

【合掌のかたち】

1背筋をぴんと伸ばして

2胸の前で

3指先を仏前に45度傾けます。

                          平成22年10月23日

 

        《仏壇・位牌・仏具のネット通販 ふたきや》 店長 二木昌之

 

◇出典:「やさしくわかる 仏教」 佐々木宏幹監修 株式会社ナツメ社刊

※仏教や仏事についてわかり易く説明してあります。

ご覧になってみてください。大変わかり易く書いてあります。

東松山店.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

秩父店  :埼玉県秩父市中宮地町25-22  

           TEL0494-24-4169

東松山店:埼玉県東松山市松本町2-1-46

           TEL0493-23-4431