仏教をよりよく知るため:その12

仏教をよりよく知るため:その12

2010.06.25
678 Views

仏の智慧は、私たちに何をおしえてくれようとしているのか

 

 

キーワード:四諦八正道(したいはっしょうどう)

 

 

釈迦が菩提樹の下で悟られた内容は「四諦八正道」として説かれた。

四諦は四聖諦といって、人生の根本問題とその解決に関する四つの真理ということである。

1、苦諦(現実の苦悩)

2、集諦(苦悩の原因理由)

3、滅諦(苦のない理想の状態)

4、道諦(理想への手段方法)

の四つである。

四聖諦の道諦の内容は八正道といわれている。

1、正見(正しい見方)

2、正思惟(正しい考え方)

3、正語(正しい言語的行為)

4、正業(正しい行い)

5、正命(正しい生活)

6、正精進(正しい努力)

7、正念(正しい意識)

8、正定(正しい禅定であり、精神の安定)

の八つである。

この四諦の教えは、ちょうど医者が病人を治療するやり方によくにている。

まず、病気が何であるか正確に診断する。(苦諦) 次に病気の原因を突き止める。(集諦)患者にとっていちばん健康な状態を考える。(滅諦)最後に、処方箋を書き、治療法を示す。(道諦)

はるか二千五百年余も昔に生きた釈尊の、この合理的な思考には驚くばかりだ。

 

 

 

キーワード:慈悲(じひ)

 

 

すべての人々を救済しようというのが仏教の大きな精神である。慈悲はその根幹をなしている考え方だ。「慈悲」は、「慈」と「悲」を組み合わせたことばである。慈はサンスクリット語のマイトリーで、「友」を意味することば『ミトラ』からつくられている。

すべての人々に友情・思いやりの心を持つ事である。「悲」はカルナーで、原義は「うめき」である。人生苦を味わった者のみが同感、同苦の思いやりの心を持つ事ができるのだ。

一般的には、「慈悲心」といえば、「あわれみ」の意に用いる事が多い。「どうか、お慈悲を」というように慈悲の請求のことばが多い。

しかし、慈悲とは、他人に求めるものではなく、自分が他者の気持ちをどこまでも深く理解し、何をしてあげられるだろうかと考えることから始まる。

見返りを求めず、自分に何ができるだろうかと考えるとき、慈悲は、その人に限りない生きる勇気と意義を与えてくれるものなのだ。その意味では慈悲の心を持つという事は、他人のためばかりでなく、自分を最も幸せにする道でもある。

 

2010.6.25 東松山店 杉田

 

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など仏壇仏具専門の通販店こだわりの

仏壇仏具が揃うネットショップ

http://www.futakiya.com

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

   埼玉県秩父市中宮地町25-22

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014ふたきや ネットショップ HP

  埼玉県東松山市松本町2?1?4