宗派別の祀り方:その6

宗派別の祀り方:その6

2010.05.27
556 Views

ここで少しお位牌の話を
位牌はご先祖の象徴
仏壇のご本尊のもとに安置するのが先祖代々のお位牌です。位牌は朝夕の供養のたびに、故人となった先祖のおもかげをしのぶ唯一のものといえます。
位牌の種類と形式   没後四十九日までは白木の位牌です。葬儀のあとは祭壇に祭り、忌明けの後、お寺に納めます。忌明け後、仏壇に安置するのが、本位牌です。本位牌には礼位牌と繰り出し位牌があります。(繰り出し位牌とは何人もの位牌をまとめてお厨子の形におさめ祥月命日にあたる位牌を表に繰り出す形のもの)

まだ死者のいない家庭では、先祖代々の菩提をともらう位牌を、仏壇に祭ります。一般にはご主人の家名だけで「〇〇家先祖代々之霊位」と記し、本尊と脇侍を除いた最も上座に安置します。
なお、妻の実家の家名を並べて、両姓の先祖位牌にする場合があります。宗派によりますからお坊さんによく相談してください。
仏壇に祭る位牌は   先祖代々の位牌のほか、個人の位牌は祖父母、父母、配偶者、また親がわりのかたなどです。
成人前の子供や水子、結婚前の兄弟姉妹などは、位牌より過去帖に記して、命日の供養をします。
古くなった個人の位牌で、三十三回忌を過ぎた位牌は、菩提寺に納めます。
位牌を並べるとき   位牌を置くときは、向かって右側が上座です。本来位牌はご本尊より下の段におくべきですが、やむをえず同じ段に置く場合には、ご本尊の方へむけて、少し斜め向きにします。いくつもの古い位牌を雑然と仏壇に祭っておくことは、ご本尊をないがしろにするもので、聖域としての仏壇でなくなります。仏壇の加護を願ううえからも、位牌の取扱には注意しましょう。
参考文献「仏教と仏事のすべて」
2010.5.27  東松山店  杉田
ふたきや ネットショップ HP

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など仏壇仏具専門の通販店だわりの仏壇仏具が揃うネットショップ
http://www.futakiya.com
◆ふたきや 秩父店
〒368-0022
埼玉県秩父市中宮地町25-22
◆ふたきや 東松山店
〒355-0014
埼玉県東松山市松本町2-1-46