お悔やみのマナー【服装について】

お悔やみのマナー【服装について】

2010.04.19
430 Views

急いで駆けつける場合

取り急いで駆けつけるときは、普段着のままで。ただしあまりにも派手な洋服や大きめなアクセサリーは避けた方がよいでしょう。喪服を着ていくのはマナー違反になります。

 

通夜のとき

 

本来通夜には喪服でなく、紺やグレー、紫、ダーク系のグリーンなど地味な服装をするものとされていました。しかし最近では葬儀・告別式には参加せず、通夜で最後のお別れをするケースが増えてきました。そこで通夜でも喪服で弔問をする人が増えてきました。

 

葬儀・告別式のとき

 

葬儀に参列するときは、喪服と黒いストッキングや靴、バッグで全身黒一色にします。アクセサリーは出来るだけ控えますが、つけるなら地味なデザインの真珠などにします。

 

弔電を打つ場合

 

事情があって弔問に行けないときは、弔電を打ってお悔やみの気持ちを伝えます。訃報を受けたらできるだけ早く手配します。申込は局番なしの115へ電話するか、直接NTTへ連絡します。

先方の自宅か斎場の名前と住所を伝え、喪主宛に送ります。喪主の名前がわからないときには故人の名前に続けて「ご遺族様」とするか直接の知人宛にします。

電文に迷ったときは、定型の例文が用意されているので利用しましょう。文中の呼称は喪主と故人の関係によって「ご尊父様」「ご母堂様」などの敬語を使いましょう。

 

2010.4.19 東松山店 杉田

伝統の職人技の
ふたきや ネットショップ HP

  

 

こお仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など仏壇仏具専門の通販店だわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

http://www.futakiya.com

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

   埼玉県秩父市中宮地町25-22

      ふたきや 東松山店

 〒355-0014

  埼玉県東松山市松本町2-1-46

 

 

 

100220 002.jpg