線香・ローソクQ&A

●ローソクの歴史

ローソクは、世界各地で独自に発達している。

灯火に用いるものである。

縒り糸や紙を縒り合わせたものを芯にし、蝋やパラフィンを円柱状に成形して

蝋または蝋と似た性質のものを燃料に使ったことから始まり、古代エジプトの

遺跡から燭台が見つかった事から、人類で最も古いロウソクが使われていたと

考えられている。

ロウソクの起源は、蝋(蜜蝋)や木の皮、ブドウのつるや、その他木片等を

束ねた松明(たいまつ)から発達したものと考えられている。

古くはエジプト人やギリシャ人に知られ、紀元前3世紀ギリシャ末期に

発見されたと言われています。

日本におけるロウソクの歴史は、奈良時代。

722年(奈良時代)中国から仏教の伝来と共に蜜ロウソクが伝わった

と言われています。

元正天皇から大安寺に賜った品目にロウソクの名がありました。

1000年頃(平安時代)遣唐使の中止により、中国からの蜜ロウソクの

輸入が無くなり、蜜ロウソクに代わり松脂ロウソクの製造が始まったと

言われています。

1375年(室町時代) 木蝋(もくろう)=和蝋燭(わろうそく)が

誕生しました。

原料は「はぜ」や漆の脂です。

1603年頃(江戸時代)木蝋(和蝋燭)の原料となる「はぜの木」が

琉球から伝わり、また、外出用の提灯の需要と共に、これまで贅沢品であった

和蝋燭の製造が増加しました。

当時、和蝋燭は提灯に入れて使用していたため、蝋が減ってきても炎の高さが

変わりにくいように上部が太い造りになっています。

明治時代になると、「ステアリン」を原料とする西洋ローソクが

ブラコノー・シナモンによって世界で初めて製造されました。

1830年頃には「パラフィンワックス」を原料とするローソクが製造され、

日本でも西洋ローソクが輸入、製造されるようになりました。

     ※ステアリン

     ※ブラコノー・シナモン

ローソクも使われる国によって様々な歴史があります。

 9世紀はじめ頃よりヨーロッパでは獣脂がキャンドルに使われていました。

●ヨーロッパのキャンドルの歴史

 規則正しく燃え、甘く芳香を放つ蜜蝋燭はとても高価で贅沢なもので

 あったため、裕福な上流階級の家庭や寺院、儀式以外ではあまり

 使われませんでした。

 一般的には手に入りやすい獣脂ローソクが使われたのです。

 獣脂ローソクは価格の安いことが魅力でしたが、半時間に一回の芯切りが

 必要でした。また煙や不快な臭いがあるのが欠点でした。

●アメリカのキャンドルの歴史

 アメリカ大陸ではワックスマートル(シロヤマモモ)の果実

 (ベイベリー)から採れたベイベリー・ワックスが高級ローソクの原料

 とされました。

 芳香を放ち、油煙が少なく、17世紀頃には手作りのベイベリーローソクが

 照明用として使われていたそうです。

 しかし19世紀頃には、洗練されたオイルランプやガス灯などが

 照明に盛んに使用されるようになり、ローソクの使用量は減り始めました。

 また、新たなローソクの原料として、安価な石油由来のパラフィン・ワックス

 が大量に供給されるようになりました。

●イギリスのキャンドルの歴史

 パラフィン・ワックスは19世紀に発見され、1850年代にイギリスで初めて製造されました。

 それ以降、ヨーロッパやアメリカでも生産されるようになり、それまでは様々な蝋で作られていた

 キャンドルの多くがパラフィンで作られるようになりました。

~~ 蜜蝋(みつろう)とは ~~

 蜜蝋とは、ミツバチの巣の蜂が分泌する蝋分で作られていて

 その巣から蝋分だけを採り出し精製したものである。

 奈良時代にはとても貴重で高価なものであったため、宮廷や

 一部の寺院でしか使われませんでした。

 蜜蝋燭は燃料が安定するため、炎の形が丸みを帯びていてとても美しく、

 油煙も少なく、ほのかな甘い香りがするなど特徴が多く、ご進物として

 お使いになる方も多いです。

 最近では、蜜蝋燭に季節の花をプリントし、ご進物としての華やかさや、

 故人のお好みのお花を選ぶなど、

 お気遣いのある選び方をされる方が増えました。