ログイン/ログアウト 新規会員登録
買い物カゴをみる

  • ご注文方法
  • お届け・送料
  • お支払い方法
  • 「ふたきや」について
  • お位牌の文字入れについて
  • 不要になった古仏壇の引取について
  • お問い合わせ

お仏壇の各部名称

仏壇の各部名称見本1

○1 太子天井   ○2 仮屋根   ○3 三方マス屋根   ○4 マス受け   ○5 中こうりょう   ○6 象鼻   ○7 脇こうりょう
○8 大柱   ○9 カトー   ○10 脇カトー
○11 高欄    勾欄とも書く。建物の縁,須弥壇などの端にある手すり,欄干。地覆(じふく)・平桁(ひらげた)・架木(ほこぎ)の3つの水平材から成る。架木の先端がまっすぐなものを組高欄と言い、そり上がっているものを刎(はね)高欄、隅あるいは端に擬宝珠(ぎぼし)柱を立てたものを擬宝珠高欄と言います。
○12 妻板

仏壇の各部名称見2

○13 台輪
○14 欄間   建築物で使われる呼び名です。部屋と部屋の間や天井と鴨居(かもい)との間に格子(こうし)や透かし彫りの板などを取りつけた部分。採光・通風などのためのもので装飾を兼ねる。
○15 紋座   家紋を取り付ける付ける為の台座になります。
○16 欄間長押   ○17 脇屋根彫   ○18 障子ヒモ   ○19 障子枠   ○20 脇らいはん   ○21 余間   ○22 ケコミ棚
○23 太鼓棚   ○24 線香引   ○25 ジャバラ   ○26 ツナギ   ○27 台輪紐   ○28 戸軸   ○29 メシ合せ
○30 戸板   ○31 中屋根彫   ○32 カトー柱   ○33 向こう板   ○34 中らいはん
○35 須弥壇   須弥壇という名称になったのは、仏様の世界を表す須弥山世界にある須弥山がモチーフになっています。
○36 ケコミ   建築用語です。足のつま先が当たりそうな場所で、床などで段違いになった部分の奥を言い表します。
○37 ネコ戸   昔は地域により分骨して仏壇に納めるという習慣がありました。その名残で今現在もネコ戸は作られています。現在は、お線香・ローソク・お手入れ道具などを収納するスペースとして使われています。※丁度ネコが通り抜けられる大きさの引き戸ですので、ネコ戸と呼ばれる様になったそうです。
○38 障子腰
○39 膳引   仏壇で使用する仏具を設置する際に、引き出す事でより多くの仏具やお供え物を置くことができます。
○40 引出し   ネコ戸の収納部分より、高さと幅が広く作られている事が多く、掛軸などの大きめの物が収納可能です。
○41 地袋戸   ○42 下台輪   ○43 たたみズレ


↓こちらに関係する記事はこちら↓

お仏壇のお手入れ・メンテナンス方法について お仏壇のはじまり 仏壇使用上の注意点について