ログイン/ログアウト 新規会員登録
買い物カゴをみる

  • ご注文方法
  • お届け・送料
  • お支払い方法
  • 「ふたきや」について
  • お位牌の文字入れについて
  • 不要になった古仏壇の引取について
  • お問い合わせ

お仏壇は宗派によって違うの?

お仏壇には大きく分けて唐木仏壇、金仏壇、モダン仏壇とあります。

浄土真宗に限り金仏壇が正式になり、他の宗派は素材等特にきまりはありません。

○浄土真宗本願寺派

特徴:宮殿部分が一重破風屋根で金箔張り、柱も金箔張り

○真宗大谷派

特徴:宮殿部分が二重瓦屋根で金箔張り部分と黒塗り部分がある、柱は黒塗りに金具打ちで仕上げてある

○真宗高田派の高田派仏壇

特徴:柱に取り付けられた上り龍・下り龍、扉付きの厨子、宮殿柱の綸子・七宝つなぎの彫刻、厨子扉脇の彫刻、宮殿先


最近はモダン仏壇が増えてきていますので、ご宗派別の専用のお仏壇を選ばれる方は減ってきています。
実際、金仏壇の販売台数は全国的にここ何年かで減ってきています。
各ご宗派のご本尊様をご用意していただければ、宗派別のお仏壇をご用意しなくてもよろしいかと思います。
気になるようでしたら、ご自分のご宗派のお寺様にご相談頂ければよろしいかと思います。


↓こちらに関係する記事はこちら↓