ログイン/ログアウト 新規会員登録
買い物カゴをみる

  • ご注文方法
  • お届け・送料
  • お支払い方法
  • 「ふたきや」について
  • お位牌の文字入れについて
  • 不要になった古仏壇の引取について
  • お問い合わせ

お仏壇のお手入れ・メンテナンス

日常のお手入れする場合には毛羽たきや、柔らかい布等で乾拭きして下さい。
但し、あまり強くこすると傷の原因となりますので注意して下さい。

変色や変形の恐れがありますので、シンナー類は絶対に使用しないで下さい。
汚れがひどい時は中性洗剤を水で薄め、固く絞った柔らかい布で拭いてから乾拭きし、完全に水分を拭き取って下さい。
お仏壇は木製品ですので、あまり水分を含んだ物で拭きますと変色・変形の元となります。
専用のクリーナーなどを使用する際にも、一度目立たない場所で試してから使用し、 拭き残しが無いように注意して下さい。
シミなどの原因となります。

金箔や金粉を使用しているお仏壇の金の部分は、乾拭きでも金が落ちて下地が出てきてしまう恐れがあります。
毛羽たきや柔らかいハケ等で埃を払う程度にして、濡れた布巾などでは拭かない様にして下さい。

彫刻や組子の部分(主に伝統型仏壇)は毛羽たきやハケなどで埃を取り除いて下さい。
その際、彫刻部分や組子部分を破損しないよう十分注意して下さい。

お仏壇内部を掃除する際には、必ず仏具類を取り出してから行って下さい。
仏具を倒して破損させたり傷をつける恐れがあります。

蝶番や取付金具は固定しているネジ・釘等のゆるみがないか時々点検して下さい。
ゆるんでいる際はしっかりと締め直して下さい。
ゆるんだままにしておくと扉等が外れて仏壇が壊れたり、落ちてきた扉等でケガをする恐れがあります。

また、金具部分に錆び・腐食が出ていないか確認して下さい。
放っておくと錆が進み扉が外れたりネジが締められなくなる事があります。
お仏壇を移動などした際にも念の為、点検することをお薦めします。

万が一お仏壇に虫害を発見した場合、ただちに殺虫・防虫処理をして下さい。
お仏壇以外からの虫の侵入も考えられる為、そのまま放置しておくとお仏壇だけではなく建物などその他の部分にまで虫害が広がる恐れがあります。


↓関連商品はこちら↓


お仏壇用ふきん \324

マルチーズダスター小 イエロー \648

お手入れセットC \1,404

↓こちらに関係する記事はこちら↓