ログイン/ログアウト 新規会員登録
買い物カゴをみる

  • ご注文方法
  • お届け・送料
  • お支払い方法
  • 「ふたきや」について
  • お位牌の文字入れについて
  • 不要になった古仏壇の引取について
  • お問い合わせ

仏壇を置く場所

 お仏壇の置く向きは?

 モダン仏壇に関わらず、お仏壇は昔から極楽浄土がある西に向かって拝むようにと東向きに置く方が多いですが、お仏壇を置く向きは特に決まりはありません。
木製品ですので直射日光のあたる場所は避け、風通しの良い、あまり湿気のない所が設置場所に適していると思います。出来れば冷暖房の熱や風が直接当たらない場所なら最適です。
よく「神棚の下に置いても大丈夫か」「神棚と同じ部屋に置いてもいいのか」と  聞かれますが、それは大丈夫です。
ただ神棚と向かいに置くのは避けた方がよろしいかと思います。(どちらかをお参りする時に一方にお尻を向けることになる為です)


 どこの場所(部屋)に置くか?

 よく家の中心に置いた方がいいとか聞いた事があるけど・・・私の家の中心にお仏壇を置ける様なスペースがない。
など困っている方もいらっしゃるのではないですか。
最近ではマンションや現代的なデザインの家により、お仏壇を置くスペースは限られています。
居間、リビング、寝室、和室など、どこに置いても大丈夫です。 決まりはありません。
和室・仏間には唐木仏壇・金仏壇、洋室には家具調仏壇を置くイメージがあると思いますが、和室にも合うモダン仏壇、洋室にも置ける様な唐木仏壇もあります。
皆が集まり、お参りしやすい場所に置かれたのでよろしいかと思います。

 置く場所に困った場合は棚の上に置けるコンパクトなお仏壇も最近は増えてきています。
本棚の上、タンスの上、ローボードの空いているスペース。又は床の間や押入れ等をリホームして置く方法もあります。

 お仏壇は永く安置するものですので、しっかり丈夫で安定しているか確認し設置しましょう。

置き場所例


↓こちらに関係する記事はこちら↓