ブログトップページへ
オンラインショップ
  • お仏壇専門売場
  • お位牌専門売場
  • お線香専門売場
  • ローソク専門売場
  • 盆提灯専門売場

オンラインショップトップ

スタッフ紹介

ネット店長
仏壇・位牌担当
伊藤

仏具担当
浅野

位牌担当
新井

商品部
阿部

商品部
木下

カレンダー
2014年9月
« 5月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

おリンについて

いつもふたきやブログをご覧いただきありがとうございます。

すっかり秋めいてきましたね。朝晩は気温も下がって肌寒く感じます。
風邪をひかないよう気をつけてまいりましょう!

さて本日はおリンについてお話させていただきたいと思います。

そもそもおリンとはいったい何のためにあるのでしょう?
諸説あるようですが、調べましたところ

【お経をお詠む前とお経の区切りに鳴らす道具】だそうです。
・勤行をはじめることを神仏に伝える
・澄んだ音で心を清め落ち着かせる
・お経の音程を取ったり、リズムを整える

そしておリン選びで重要なことが「音色(鳴り)」ですね。
おリンの鳴りは材質と形によって決まります。
リンは震えることにより音が鳴ります。
ということは、震える力が強いおリンほどよく鳴る!ということになります。
また、おリンは全体で鳴りますので、サイズが大きいほどよく鳴ります。

実は音程についても形が大きく影響しています。
大きく、深くなれば音は低くなり、厚みが厚ければ高く、薄ければ低くなります。

おリンの鳴りには、材質と形が大きく関係していることがわかりました。

今度は、おリンの材質について調べてみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

                         秩父店 新井

~~~仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや~~~

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

e-mail : info@futakiya.com

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1

仏事コーディネーターとは?

最近、出勤までの道沿いに曼珠沙華(彼岸花)が咲いているのを見かけます。

9月下旬頃から見ごろになる花なので秋がやってくるのを感じます。

さて今回はふたきやネットにも在籍しております、仏事コーディネーターとは一体何なのか?お話させていただきます。

仏事コーディネーターとは宗派や地域の慣習に十分配慮しつつ、仏壇・仏具等の内容についての作法等も含め提案や調整・指導・助言を行い、仏事のプロとしてお客様に適切なアドバイスが出来る能力を有する者をいい、実務経験3年以上で受けることのできる資格になります。

またしきたり(作法)は宗派という括りだけではなく地域によって異なる場合もあります。

その為、地域に根ざした様々な仏事神事、様々な地域文化である宗教的習慣の意味・歴史を理解し伝えていかなければなりません。

このように仏事神事に関するさまざまな知識が必要なため、お客様には「こんなことまで聞いていいのかな?」と気にされずさまざまなご相談いただければ、お客様の立場と視線に立ち本当に必要な情報を提供させていただけるかと思います。

 

 

 

~~~仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや~~~

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

e-mail : info@futakiya.com

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1

関東式仏壇について

今年のお彼岸は今のところお天気に恵まれて日中は過しやすく良かったですね。

お店には、お線香をお買い求めのお客様も多く「普段お仏壇など、じっくり見た事無いね」と話しながら店内をご覧になるお客様もいらっしゃいます。

昨日も、お知り合いの方数名でご来店され、お仏壇の事で話しが盛り上がっていました。

「うちには関東仏があってお位牌も沢山置けるし下の引き出しはタンスみたいに色々な物が入れられて便利だよ!」と店内に展示してある関東仏の前で販売員さながらの熱弁でお友達も笑顔で聞いていました。

関東仏壇?聞いたことのない方もいらっしゃると思いますが関東式仏壇は、古くから関東で使用されタンス型仏壇、つくりつけ仏壇などと呼ばれ下台の引出しなどは収納性も高く実用的なお仏壇です。

最近では、仏間にはめ込めるタイプとして人気もあり、扉が外に張り出ない扉押し込み式など色々と工夫されたデザインです。

一度ご覧ください、お待ちしています。

 

 

 

~~~仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや~~~

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

e-mail : info@futakiya.com

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1

日高市巾着田の彼岸花【曼珠沙華】

original

ふたきやブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。

お彼岸を迎え、日高市にある巾着田では100万本の曼珠沙華が本日

9月21日で見ごろを迎えました。

早咲き地点・遅咲き地点とございますので、9月下旬まではお楽しみ頂けると思います。

本日は東松山へ配達があり、巾着田の前を通過してまいりましたが、早朝から多くの

観光客で賑わっていました。

お彼岸で必要な物を買いに当店にお越しくださった際は、ぜひ巾着田を観光してみては

如何でしょうか?100万本という数には圧巻されます。

ちなみに、曼珠沙華といえば赤というイメージが強いですが、その中で白い曼珠沙華が

1,000,000/5本くらいの確立で咲いているので、ウォーリー感覚で探してみてください(笑)。

b0224616_864096

以上、最後までお読みくださいまして、誠にありがとうございました。


お気軽にご相談ください

いつもふたきやBlogをご覧いただきありがとうございます。

 

明日からお彼岸入りとなりますね。
ご準備はお済でしょうか?店舗、NETショップともにお休みなく
営業しておりますので、お急ぎの御用がございましたら、ぜひご利用くださいませ。

 

先日、仏具をお求めになられたお客様のお手伝いをさせていただきました。
すでにお仏壇をお持ちで、お道具も揃っていらしゃるとのこと。
でしたら、買い足す必要はないのでは?と思っておりましたら、最近亡くなられた旦那さまの分にと
仏飯器(ご飯をお供えする器)と茶湯器(お茶をお供えする器)を購入したいとのことでした。

 

お仏壇には仏飯器2つと茶湯器1つあれば、人数分ご用意する必要はない旨をご説明させていただいたのですが、
生前と同じように、一人ひとりに御用意したいという事でした。
正式な形ではないのかもしれませんが、このお客様にとっては、ご用意されたほうがよいのではないかと思いました。
仏事にはさまざまな決まりごとがありますが、お参りされるかたのお心が休まることが大切なのかもしれません。

 

こちらのお客様、本日もご来店いただきまして、今度は、おかずをお供えしたいということでした。
なんでも旦那様は食べる事がお好きな方だったようで、「ご飯だけじゃさみしいだろうから・・・」とのこと。
御膳では大きすぎるので、小出しをおすすめさせていただきました。
「お仏壇が狭くなってしまうなぁ。」とおっしゃってましたが、嬉しそうなご様子でした。

 

伝統を守りつつ、現代に生きる方々の仏事に寄り添っていけるような接客が出来るよう心掛けていきたいと思います。

 

まだまだ勉強不足な点もこざいますが、このブログを通じてお伝えしていけたらなぁと思います。
何かわからないこと、気になっていることがございましたら、お気軽にご相談いただければと思います。
ご一緒に考えさせていただきます。
また仏壇、仏具など商品についてのご相談ももちろんお受けしております!
仏事コーディネーターの資格を持った店員もおりますので、お答えさせていただきます。
フリーダイヤル、メール、または店頭にてお待ちしております。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

春のお彼岸・秋のお彼岸

お彼岸とは、年に二回(春と秋)あり、春彼岸、秋彼岸といい。

春は春分の日を挟んで前後3日の7日間、

秋は秋分の日を挟んで同じく前後3日の7日間をいいます。

この『お彼岸』という仏教行事は日本だけの習慣になり、
春分の日・春分の日はちょうど太陽が真東から上がって真西に沈むことから、

西方極楽浄土の信仰をからきています。お墓参り

 お彼岸はお盆の様に地方によって違いますが、特別な準備や、お飾りは必要なく、

お仏壇・仏具・お墓のお掃除をし、ご本尊様・ご先祖様に

生花、季節の果物、
御まんじゅう、お菓子、などお供えします。

お墓参りや、御寺院の法要に行き、ご先祖、故人に日頃の感謝をささげます。

 

またちょうどこの時期(秋のお彼岸頃)に田んぼのあぜ道などに

ちょっと変わった葉や枝がなく茎だけがスッと伸びた真っ赤な花を咲かす

曼珠沙華(マンジュシャゲ)という花がります。

マンジ~1

この花は別名「彼岸花」(ヒガンバナ)と言われています。

秋彼岸の時期になるといつの間にか咲き、お彼岸が終わると散るという

不思議な花です。

 


弊社『ふたきや』がある埼玉県の日高市に彼岸花の群生日本一の

  「巾着田」というところがあります。

  是非一度、秋の連休にドライブにいらしてみてはいかがですか。

 
~~~仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや~~~

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

e-mail : info@futakiya.com

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1

お供えする!!お線香の数??

 

 

20110304_840853

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度は、ふたきやブログをご覧くださいましてありがとうございます。

今回は、お供えするお線香の数についてお話致します。

毎日供える物だけに、皆様一度は「正式なお線香の数って何本なんだろう?」

とお考えになったと思われます。

 

今回は、お線香を供える本数に関して調べてみました。

調査方法は、一般の方ではなく【各宗派の寺院・寺院と深く繋がりを持つ方】

の文献を参考とし、記載させて頂きます。

 

調査結果 其の壱・・・【各宗派により、お供えする本数は異なる】

 

天台宗・・・1本か3本

 

真言宗・・・3本

 

浄土宗・・・決まりはありません

 

臨済宗・・・1本

 

日蓮宗・・・1本か3本

 

曹洞宗・・・意味によって使い分ける

1本・・一心不乱のお参りという意味

2本・・自分とご先祖様の分としてという意味

3本・・仏法曹の三宝の意味として

 

調べた結果、記載されていない宗派も御座いますが、宗派ごとにお供えする本数

の数に違いがあることがわかりました。

 

調査結果 其の弐・・・【四十九日までは1本である】

 

四十九日まではお線香のお供えは、一本だそうです。

その理由といたしましては、亡くなった人を天国へ導く道しるべとしての役目をしているからです。

お線香が二本ですと、道が二筋に別れてしまい、亡くなった方が道に迷うとされているからです。

 

調査結果 其の参・・・【お墓参りは一人一本ではなく、皆で一束である】

 

墓参りの時は、一人一本ではなく、皆で一束が基本だそうです。

たとえ、一人・二人でお墓参りに行ったとしても、一束をお供えする事が良いと記載されていました。

 

まとめ・・・【自分なりの考え、供える事に意味を持つ事が大事】

 

以上、本日は【お線香の正式な本数は?】という事で記載してまいりましたが、特に供えるすべての人へ

共通する正確な本数というものはありませんでした。

1本という場合もあり3本という場合もあります。供える場所や状況によっても異なることがわかりました。

2本や4本、またはそれ以上の本数を記載しているところは少ない様です。

【自分なりの考えを持ち、気持ちを込めて供える事がとても大切であるという事です。】

 

例:ちなみに私は、これからは3本供えると決めました。

 

理由①・・・大は小を兼ねる。(少ないより多い方にしよう。)

理由②・・・は仏様・はその宗派・は仏様をあの世へと導いてくれたお寺の住職様へ!で3本。

理由③・・・香炉の足が3本だから、バランス的・見た目的にお線香も3本に!

理由④・・・紹介した6つの宗派の中、3本が5つの宗派で進められていたので多数決により3本に決定。

 

以上で、今回のブログは終了となります。最後までお読みくださいましてありがとうございました。

 

 

仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1

 

 

 

お彼岸のご準備に~進物用御線香~

いつもふたきやブログをご覧いただきありがとうございます。

もうすぐお彼岸ということで、準備の買い出しにご来店いただくお客様が多くなってまいりました。

本日お話させていただいたお客様は、おはぎをご自分でこしらえるそうで、小豆を買いに行った帰りに、

当店に寄ってくださったそうです。

ご進物用のお線香をお探しとのことで、ご一緒に選ばせて頂きました。

選んでいらっしゃる時に、先様のことを想いながら、悩まれている姿を見ていると

、その心遣いにこちらまで温かい気持ちになりました。

お買い上げいただきました商品も気にいっていただけて、私も嬉しく思いました。

ネット通販では、直接お会いすることができませんので、このブログを通じてすこしでも商品の

魅力をお伝えできればと思います。

では、今回はおすすめの進物用お線香をご紹介させていただきます。

やはりお線香を選ぶ際、気になるのは香りですよね?

好みがございますし、煙が出るものだと使う場所も限られてまいりますよね。

そんな方におすすめしておりますのが「葵の舞」という商品です。

進物 葵の舞

こちらは、煙がほとんど出ません。香りもほぼございません。

そして備長炭が練りこまれたお線香なので、消臭効果がございます!

大変人気の商品です。

また、どの香りがいいのかお悩みの方には「花利休 アソート」がおすすめです。

進物 花利休

4種類の香りが入っております。

花利休 中身

ちなみに、こちらも煙少なめの微香タイプです。

香りがあるタイプがお好きな方には「白檀 朱雀」はいかがでしょう!

甘くたおやかな老山白檀のの落ち着いた香りで白檀系の代表的お線香です。

進物 朱雀

塗箱に入っており、高級感がございます。

おすすめの商品を一部ご紹介させていただきました。

ご包装や掛け紙はサービスにて対応させていただいておりますので、ご遠慮なくお申し付けください。

お彼岸間近になりますと、売り切れ商品も出てまいりますので、ご希望の商品がございましたらお早目にどうぞ。

お届け日、時間のご指定も承っておりますので、お気軽にお問合せください。

今回ご紹介しきれなかった商品も多数ございますので、よろしければ ふたきやNET 進物お線香コーナー をご覧になってくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。 

~~~仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや~~~

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

e-mail : info@futakiya.com

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1

よく目にする「〇〇仕上げ」とは

お仏壇、仏具でよく目にする「〇〇仕上げ」、いったいどのような仕上げをしたものなのかわからない方がほとんどかと思います。

今回はその「〇〇仕上げ」について簡単にご説明します。

まずは伝統的なお仏壇に多くみられる「オープン仕上げ」。

正式にはオープンポア仕上げといい、木目の質感を残し、拭き漆で仕上げたような風合いに仕上げることができます。

塗料を極力材質に浸透させ、塗装被膜を作ることなく、木材自体の色や、表面組織をそのまま活かしているので近くでみると木の導管(広葉樹にある養分や水分を通す細胞)が見えます。

逆に導管を目止め剤などで埋めてしまう仕上げもあります。

それが「鏡面仕上げ(ミラースムーズフィニッシュ)」です。

厚めの塗装で木地面を覆う仕上げ方で塗装被膜が厚く、導管も埋めてしまうので非常に光沢感のある仕上がりになります。

唐木仏壇の場合、塗装仕上げ方法は大別してこの2種類になります。

今後もこのブログでみなさんのわからないを少しでも無くしていけたらと思います。

~~~仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや~~~

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

e-mail : info@futakiya.com

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1

もうすぐお彼岸ですね

ここ数日は、お天気も変わりやすくお月見出来ましたか?

我が家では昨日、少しお天気は悪かったですがお月見出来ました。

風がすっかり秋めいて少し感傷的になりましたが隣でお団子を食べる娘の姿を見て、思わず笑ってしまう昨日でした。

もうすぐお彼岸ですが、お盆が終わり少しゆったりとしたこの季節、意外とお仏壇の中はホコリが入りやすく私達にとって心地よい風ですが大敵ですよ!

お盆前にお掃除されて、綺麗に見えるお仏壇ですが、もう一度乾拭きをしてから細い綿棒などを使い隅々までお掃除されてはいかがでしょうか?

忙しい毎日をお過ごしかと想いますが綺麗になったお仏壇に、故人のお好きだったお花や供物、お供えしてはいかがですか!

私も心がけているのですが最近、物忘れが多く先日も、娘に「お花枯れそうだよ!」と言われました。

少しカチンと想いましたが、今まで見ている事が多かった娘の成長と少しですが頼もしく思えました。

~~~仏壇・位牌・仏具ネットのふたきや~~~

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

tel 0494-24-4169

e-mail : info@futakiya.com

DSC_2498 (2)

 

◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

tel 0493-23-4431

company_13-1