ブログトップページへ
オンラインショップ
  • お仏壇専門売場
  • お位牌専門売場
  • お線香専門売場
  • ローソク専門売場
  • 盆提灯専門売場

オンラインショップトップ

スタッフ紹介

ネット店長
仏壇・位牌担当
伊藤

仏具担当
浅野

位牌担当
新井

商品部
阿部

商品部
木下

カレンダー
2012年8月
« 7月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

送り火を焚いて、今年のお盆も終わります!

 

  「お帰りはゆるりとされよ茄子の馬」  小滝徹矢

 本日の「読売新聞の四季 長谷川櫂」 爛に載っている句です。

 いいですね。お読みの方も多いと思いますが、読売新聞の長谷川櫂さんの文章、そのままを

 書かせていただきます。

 「お盆には茄子や胡瓜で馬や牛を作る。かの世から訪ねてくるご先祖の乗りもの。帰りもそれに

 乗るのだが、この句、そうあわてずにもう二、三日いてはどうですかというのだ。久しぶりのこの

 世だもの。この国では死者もまた遠来の客」

 

 私たちは、このような気持ちでお盆を迎え、送ってきました。故人を大事にして、遠来の客として

 迎えるという思い。そして、今生きている私たち、家族の絆を大事にする。本当に日本人で

 良かったとおもいます。これからもずっとこのようなお盆を大事にしていきたいですね。

 

 今日は、送り火を焚いて今年のお盆も終わります。

 お盆で帰省された方も多かったと思いますが、暑さはまだまだ続きそうです。朝晩は幾分涼しく

 なってきて、ススキの穂が実る秋ももう見えてきた感じもします。

 

 私たち[ふたきやネット]のスタッフもこれから、交代で夏休みに入ります。皆様のお役に

 立てますようこれからも精一杯努力させていただきますので、今後ともよろしくお願い致し

 ます。

                 2012年8月16日 

                        ふたきや   二木恭子

         

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など

 

仏壇仏具専門の通販店こだわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

 

◇仏壇・位牌の通販 ふたきやネットショップ◇

http://www.futakiya.com

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

  埼玉県秩父市中宮地町25-22

 0494ー24ー4169

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

  0493ー23ー4431

新東松山店ブログ用.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

  

月遅れのお盆です。多くの皆さまに[ふたきやネツト]のご利用有難うございます!

 

 月遅れの盆の入りです。

 7月13日から16日のお盆、本日8月13日から16日の月遅れのお盆と、私達は先祖、亡き人を

  もてなし、収穫を感謝するお盆の行事を大事にしてきました。

 お仏壇や精霊棚にキュウリで馬をナスで牛をつくり、ほうずきやお花、野菜やスイカなどの果物を

 お供えして、盆提灯を飾り盆提灯の淡い灯りが廻っているお宅も多いかと思います。

 

 私たち[ふたきやネット]も、6月から本日まで、北海道から沖縄まで多くの皆さまにご利用いただ

 きまして、お仏壇・お位牌・仏具・盆提灯など盆用品を本当に数多くお買上げいただきました。

 本当に有難うございました。重ねて厚く御礼申し上げます。

 

 私たち[ふたきやネット]で扱かわさせていただいております仏壇やお位牌、盆提灯等は、ご先祖・

 亡き方を大事にして敬うという、私たち日本人がずっと永い間、大事に大事にしてきたものばかり

 です。これからもご先祖を大事にして、泣き方を大事に敬うことを次の世代に引き継がなければ

 なりません。

 正月には寺院や神社に初参りに行き、春秋のお彼岸にはお墓参りをして、お盆には 迎え火、

 送り火を焚き、盆提灯を飾ってご先祖をおもてなしをする。大晦日には、除夜の鐘を聞いて

 新しい年を迎えるという、私たちが日々の生活のなかで大事にしてきたものをこれからも大事

 にしていきたいですね。

 [ふたきやネット]もすこしでもお役に立てればとの思いでいっぱいです。

 

 私たち[ふたきやネット]のスタッフ一同、一生懸命行っているつもりですが、皆様のお気に召さ

 ない点や不都合のことなどが多々あるとおもいます。お詫びしてお許し下さい。また不都合の点

 などご指摘賜りますようお願いいたします。次からのより良い[ふたきやネット]になりますよう

 精一杯努力させていただきます。

 

 お盆は、ご先祖亡き方に手をあわせ、家族の絆を紡ぐ場でもあると思います。新盆の皆さまの

 お宅では何かと大変だと思いますが、暑い盛りのお盆です。みなさまで、ご馳走などいただき

 まして、よいお盆をお迎えください。

 毎日暑い日が続きます。水分補給して、体調には充分お気をつけ頂きますようお願い申し上げ

 ます。

                  2012年8月13日 月遅れの盆の入り

                        ふたきやネット店長  二木昌之

         

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など

 

仏壇仏具専門の通販店こだわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

 

◇仏壇・位牌の通販 ふたきやネットショップ◇

http://www.futakiya.com

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

  埼玉県秩父市中宮地町25-22

 0494ー24ー4169

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

  0493ー23ー4431

新東松山店ブログ用.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

お盆に盆提灯をかざったり、灯篭流しをするのは何故ですか。

 

  お盆に盆提灯をかざったり、16日には灯篭流しする風習がありますね。

 お盆の13日は、ご先祖、故人が我が家にかえってくる日とされています。帰ってくる精霊の

 道しるべになるのが、盆提灯であり、お迎えするために家の門口で焚くのが迎え火とされて

 います。故人の初めてのお盆を迎えるお盆を新盆といいますが、新盆のお宅では白い提灯

 を軒先に吊るす地方も多いと思います。 迎え火の火を長く保つのが提灯であり、時代を経て

 現在の草花や山水などの描かれた美しい盆提灯になったのだと思います。

 お盆の風物詩、山の上で火を焚く大文字焼きなども迎え火の一つです。

   16日には、送り火を焚いて精霊をお送りしますが、灯篭流しも送り火の一つといえると

 思います。盆踊りも先祖の精霊をお迎えし、浄土で穏やかに過ごせるよう祈る踊りとされて

 います。

  現代の生活の中、たとえばマンションや住宅のなかで迎え火や送り火を実際に焚くのは、

 難しいと思いますし、精霊棚をつくり多くの盆提灯を飾るのも物理理的に難しいと思います。

  でも、私たち日本人、先輩たちが営々と大事にしてきた、亡くなった方をご供養し、大事に

 する気持ちは、これからも大事に次の世代に受け継いでいきたいと思います。亡き方を

 大事にすることは、いまある命を大事にして家族の絆を守ることでもあるからだと思います。

  13日と16日には、少しの時間でも灯りを消して、テレビを消して過ぎ去った日々のことや

 亡き家族のことを思ってみませんか。そして、私たちがいつか経験したことのある、盆提灯の

 淡い灯りのこと、おじいちゃん・おばあちゃん、父・母、家族の話を、こどもさんを交えてご馳走を

 食べながら話してみませんか。きっと私たち日本人がだいじにしてきた、お盆の心がそこにある

 と思います。

                 2012年8月6日

                          ふたきや  二木恭子

 

      ※参照 「仏教の生活質問帳」 若林隆光著 仏教書林 中山書房

       生活のなかの仏教の教えなど、身近な仏教をやさしく教えてくれます。

      

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など

 

仏壇仏具専門の通販店こだわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

 

◇仏壇・位牌の通販 ふたきやネットショップ◇

 

http://www.futakiya.com

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

  埼玉県秩父市中宮地町25-22

 0494ー24ー4169

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

  0493ー23ー4431

新東松山店ブログ用.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

暑さに向かう植物たちに脱帽です

今日も暑いですね

連日の猛暑日に、かなりまいっております

昨日のお休みは家の中から出るのにも気合が必要でした

 

庭のゴーヤも、気が付けば実がなっていました☆

わかるかな?

P1007822.jpg

子供の身長をすっかり越えたひまわりもいつの間にか咲いていました

P1007823.jpg

まだまだ暑さ厳しいですが、お盆まで頑張ろうと思います(笑)

 

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など

 

仏壇仏具専門の通販店こだわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

 

◇仏壇・位牌の通販 ふたきやネットショップ◇

 

http://www.futakiya.com

 

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

   埼玉県秩父市中宮地町25-22

  0494ー24ー4169

 

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

 

  0493ー23ー4431

 


新東松山店ブログ用.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

お盆の迎え方

 

  ご先祖・亡き方が帰ってくるお盆。

 まもなく月遅れのお盆がやってきますが、帰ってきたご先祖をもてなし、ふたたび浄土で

 おだやかに過ごせることを祈るのがお盆と言われます。お盆にはどのようにご先祖を供養

 したらよいのでしょうか。地方や地域によってさまざまだと思いますが一般的なお供えする

 もの、用意するものなどを述べてみます。

 

 [精霊棚・しょうりょうだな]

   ご先祖の霊を迎えるために、お位牌などを置く棚を言います。盆棚、霊棚、魂棚などとも

   呼ばれます。地域や地方、風習などによって形はさまざまです。精霊棚をつくらず、仏壇

   にお供えするケースも多くなっています。お盆前の12日までには用意します。

    〈竹やほうずきのかざり〉

     竹を精霊棚に立て結界をはり、ほうずきをかざります。ほうずきは魔よけになると

     言われています。 ※結界 清浄な領域と普通の領域を分けること

     〈お供えするもの〉

     お位牌  お花  灯明(ローソク)  香炉(お線香)

     きゅりの馬・茄子の牛 

       (きゅうり)の馬で来て、(ナス)の牛で帰ると言われています。早く帰っ来てほしい

       から馬、ゆっくり浄土に戻ってほしいから牛といわれます。

     水の子

       洗った米、さいの目にきったナスを器にいれ、水をそそいだもの。餓鬼に対する

       お供えです。

     夏野菜・果物

       ご先祖さまをもてなすとともに、お盆にはご先祖さまに収穫を感謝する意味もある

       といわれ、野菜や果物などの収穫物をお供えします。

   [盆提灯]

    草花などの書かれた提灯をお仏壇や精霊棚の近くに置いたり、吊るしたりしますが、

    提灯の灯がご先祖が帰ってくるときの目印になると言われています。

    新盆の場合、軒下などに白い提灯を吊るす地方、地域もあります。

  [迎え火・送り火]

    お盆の初日に迎え火を焚き、ご先祖をお迎えします。素焼きの焙烙(ほうろく)と

    いう皿などに、井桁状に積んだ、オガラ(麻の茎)などを焚きます。ご先祖が迷わ

    ないように道しるべになるようにといわれます。

    お盆の最後の日には、送り火を焚いてご先祖を浄土に見送ります。やはり迎え火

    と同様にオガラを焚きます。

  [棚経]

    お盆のあいだに、ご僧侶さまに精霊棚やお仏壇の前で、読経をしていただくことを

    棚経といいます。

 

   盆提灯の淡い光のなかで、故人のこと、過ぎし日のことなど、家族、親族やゆかりの

   人たちが集まり語り合う、そんなお盆をこれからも大事にしていきたいですね。

   今年のお盆はお仏壇の前で、ご先祖に感謝し、家族揃ってしみじみと昔話で語り

   明かしてみませんか。

                2012年8月4日

                          ふたきや  二木博之

 

      ※参照 「楽しい仏教生活」   監修 佐々木宏幹 光文社

            「やさしくわかる仏教」 監修 佐々木宏幹 ナツメ社

      生活習慣のなかの仏教の教えなど、身近な仏教をやさしく教えてくれます。

      

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など

 

仏壇仏具専門の通販店こだわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

 

◇仏壇・位牌の通販 ふたきやネットショップ◇

http://www.futakiya.com

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

  埼玉県秩父市中宮地町25-22

 0494ー24ー4169

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

  0493ー23ー4431

新東松山店ブログ用.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

お盆は、ご先祖様とのふれあい・家族のふれあいのときです。

 

  お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。

  私たちの日本には、夏と冬にご先祖様が帰ってくるという魂祭り(たままつり)という信仰が

 ありましたが、仏教行事の盂蘭盆会とあわさっていまのお盆になったとされています。

 お盆の初日に迎え火を焚いて、ご先祖様・亡き人をお迎えします。16日には送り火を焚いて 

 浄土(仏さまのいる場所)に送ります。お盆には野菜や果物をお供えしますが、これは、

 帰ってきたご先祖様をもてなすとともに、収穫を感謝する意味もあるとも言われます。

  盆踊りは帰ってきた精霊・ご先祖様に楽しんでいただき、ふたたび浄土でおだやかに過ごして

 いただくための踊りとされていますが、富山の越中風の盆、徳島の阿波踊り、佐渡おけさなど、

 代表的な盆踊りと言われています。

  7月13日から16日に行われるお盆、8月13日から16日に行われる月遅れのお盆など

 お盆は私たち日本人にとって、家族が一同に会する、かけがいのない行事でもあると思い

 ます。子供たちや小さな孫たちを交えて、お仏壇をきれいにお掃除して、お花を飾り、お仏壇

 や精霊棚(しょうれいたな)に、故人の好きだったものをお供えする。お仏壇にお供えしたもの

 を、家族でいっしょにいただく。家族の絆を感じるひとときでもあり、子供たちにとっては

 かけがいのない命の大事さを思うひとときでもあるとおもいます。

  お盆は、ご先祖様・亡き人とのふれあいの場でもあり、私たち家族のふれあいの場でも

 あるのかもしれません。    

             2012年8月3日

                        ?ふたきや  二木博之

       ※参照 「楽しい仏教生活」   監修 佐々木宏幹 光文社

            「やさしくわかる仏教」 監修 佐々木宏幹 ナツメ社

       生活習慣のなかの仏教の教えなど、身近な仏教をやさしく教えてくれます。

      

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など

 

仏壇仏具専門の通販店こだわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

 

◇仏壇・位牌の通販 ふたきやネットショップ◇

http://www.futakiya.com

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

  埼玉県秩父市中宮地町25-22

 0494ー24ー4169

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

  0493ー23ー4431

新東松山店ブログ用.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

  

8月になりましたね

毎日暑い日が続きますね

先日、町内のお祭りでも熱中症で倒れる子供たちがいて

より一層体調管理と水分補給を心掛けております

日中は出来るだけ外出を控えて、店で涼んでおります

 

8月に入り、弓張提灯の受付も終了いたしました

現在、毎日のように仕上がった提灯が入荷しております

油引きですので、入荷したらまず検品した後、乾かしております

たくさん並んだ提灯と油の匂いはお盆ならではの光景です

 

お盆にはご先祖様のお迎えという大役を担う提灯たちが誇らしく見えます

 

お仏壇、会津職人の位牌や安心価格お仏壇・お位牌・線香など

 

仏壇仏具専門の通販店こだわりの仏壇仏具が揃うネットショップ

 

◇仏壇・位牌の通販 ふたきやネットショップ◇

 

http://www.futakiya.com

 

◆ふたきや 秩父店

  〒368-0022

   埼玉県秩父市中宮地町25-22

  0494ー24ー4169

 

◆ふたきや 東松山店

  〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

 

  0493ー23ー4431

 


新東松山店ブログ用.JPGのサムネール画像